紫外線によって日焼けが起きる理由

長時間、紫外線を浴びていると日焼けをすることは、大抵の人が理解しています。日焼けの原因である紫外線は、いったいどういうものなのでしょうか。紫外線とは、太陽光線のひとつであり、種類をA波、B波、C波に分けることができます。窓ガラス越しに太陽光を浴びた場合、紫外線A波のような強い波長は簡単に到達します。ガラス窓越しに陽光を受けていた時や、車の運転をしていた時でも、紫外線A波は通り抜けるので日焼けします。一方、紫外線B波はオゾン層で遮られますし、雲が多い日や、雨の日は減衰します。天候によって照射量が変わる紫外線量とは、この紫外線B波です。紫外線C波が日焼けに関わることはありません。なぜなら、紫外線C波はオゾン層を抜けられないからです。A波は、窓ガラスを通過することが可能である為、肌の奥の真皮層まで届いてしまいますが、有害性でいうならB波ほどではないと言われています。肌の日焼けのことを考えるのであれば、室内でも紫外線を浴びてしまうため、常に対策と取る必要のある紫外線です。長時間、紫外線をお肌に浴びていると、肌が黒く日焼けするだけでなく、皮膚が老化しやすくなって、しみやくすみが目立つようになります。紫外線で日焼けをするのは、肌をガードするためにメラニン色素を増やす、いわば防衛策です。小麦色に焼けた肌は健康的な印象を人に与えますが、美容という観点から考えるとお肌にとってはいいこととではないので、対策が必要です。