福田進一と越川

AGA(エージーエー=男性仕様抜毛症)は、男性にとっては将来的とも当てはまる質で、その発症百分比が大きい抜毛症だ。まだ記憶に残るレベルのほど近い実績においては、AGAがひと度発症してしまうと、ずいぶんのことがない以上、遠からぬ天命に薄毛という状況に至って仕舞うという、ある種の精神を決めなければならない病魔でした。

しかし医学や薬学をはじめとする科学の補強により、かつては神秘などとも呼ばれた「発毛」も可能可能になるという質で治療することが可能な時代になってきました。やはりこうした言葉でなんらかの方策を立ち向かう専任機構はかねてから存在してはいましたが、近年では身近な病棟で治療することができるようになったという点では、非常に大きな補強が少々数年の間に起こったということになるでしょう。

病棟でのAGA加療に関してのトピックになるが、やっぱりさすが診療と問診からの発進になり、診療成約と問診の主旨を参考にしたお越しが受け取れることになります。そして、何といっても重要なのが、AGA突破を目指した投薬加療だ。

病棟でAGAを治療するとなると、おそらく全員使えるのが、フィナステリド(プロペシア)であり、場合によってはミノキシジルという薬も処方されることがあります。当然病棟からの品評もあるとは思いますが、フィナステリドにしてもミノキシジルにしても、AGA治療薬には反動がありますので、注意が必要になります。

フィナステリドの反動は、当然男性にも起こりますが、グングン重篤な反動となるのが、女の子の飲用だ。基本的に、女性が服用しても、女の子の体自身には悪影響が及ぶことはおよそありませんが、インパクトも徹頭徹尾ありえません。

ただ、もしもその女性が妊娠中央だったとすると、その胎児に異常をきたしてしまうおそれがあります。ですから、女の子の飲用は始めから無理されているというふうに解釈しておくべきでしょう。

一方のミノキシジルも、AGA治療薬としては非常に優秀な薬ではありますが、こちらもそこそこ重篤な反動が現れることが考えられます。特に、精神病気が起こるというAGA患者のほうがこれを服用することによって、非常に危険な反動が起こることがあります。

元々ミノキシジルには、降圧剤(血圧を引き下げる薬)としてのベネフィットが見込まれてあり、AGA加療に関しては、むしろ派生的作用であった時代もありました。ですから、血圧が低めの人間や、現時点もう降圧剤を服用しているという人間がミノキシジルを服用してしまうと、恐怖が大きくなりますので、注意してください。