準(じゅん)が堀

「バストが大きくなりたい」と狙う女性は少なくありません。付き合っていらっしゃる亭主が大きなバストがフェチ、社の同僚のバストが大きくて妬ましい、バストの大きな俳優にあこがれる…理由は様々ですがバストが可愛いと考え込む女房にとってミルク寄稿は切実な熱望だ。ミルク寄稿に効果的な方法のグループが「肩甲骨のストレッチング」だ。それでは、まずはミルクの原点組立てを知っておきましょう。ミルクは9割の脂肪仕掛けと1割の乳腺仕掛けで成り立っています。乳腺とは赤子に授乳するための管のため、こういう乳腺を続けるために脂肪がついています。乳腺と脂肪の重さを真実となって支えているのが「大バスト筋」だ。大バスト筋が衰えてくると、ミルクが垂れたり、見た目が悪くなったり、弾性がなくなったり行なう。もちろん、ミルクを大きくすることもできません。こういう大バスト筋を鍛え上げるため、ミルクの垂れを防止、改善することができ、ミルク寄稿への端緒となります。では大バスト筋さえ鍛えればいいのかというと、それだけでは足りません。大切な筋肉がさほどあります。それは背中からミルクを助ける「広背筋」だ。広背筋とは骨盤の上部から両脇の下辺りに向かって在る逆三角形の筋肉だ。広背筋は肩を前に巻き込むと縮み、胸を張ると伸びます。広背筋は長時間縮んですままにしておくと、縮んです状態でかたまります。長時間の内勤で肩が前に巻き込まれる出方が貫くと、いわゆる「引き込み肩」や前かがみになる。「引き込み肩」や前かがみの形式、広背筋が縮んでガクガクになっていることが多く、ミルクが落ちる発端ともなります。ミルク寄稿をするためには、こういう縮んでガクガクになった広背筋を引き伸ばす必要があります。広背筋を引き伸ばすのに有効なのが肩甲骨のストレッチングだ。以上のことから、肩甲骨のストレッチングはミルク寄稿にいやに利口と呼べるのです。