タガメとマスパン

困ったことにダンナの浮気は、初犯じゃなかったんです。入籍する前から相手も複数。常習だったんですね。根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、男の人の浮気って限度があると思うんですよ。一時的に反省しても、人生の時間を彼に費やす価値すらないような気がして、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。浮気の確固たる証拠を提示できない場合、訴訟では苦しいかもしれません。不倫行為の存在を法廷が認めてくれないケースも充分にありえるからです。そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。誤解で訴訟を起こしたり、クロなのに裁判で認めてもらえなかったりするのに納得できる人はいませんよね。そうならないために、あらかじめきちんと調査するほうがいいでしょう。一般的に不倫の証拠に使える写真というと、不倫の相手とラブホ前で手をつないでいる場面につきるでしょう。頑張れば自分でも写真を撮れそうな気がしますが、いざ写真を見るとうまく撮れていないケースが非常に多いです。裁判や慰謝料請求などで使えるレベルの写真を撮影しなければ意味がないので、探偵業者を利用するほうが現実的です。配偶者の浮気を興信所に調査してもらうときは、最終的に何を目的にしていて、どうしたいかを決め、事前によく話し合っておくことが大事です。たとえば、別れさせたいだけなのか、浮気相手から慰謝料をとりたいのか、でなければ証拠を集めて離婚裁判に持ち込みたいとかこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。どこに主眼を置くかにより調査方法や裏付けのとりかたなどが変わってくることもあり、必ず伝えるようにしましょう。一般に知られている通り、同窓会での再会は、既婚者同士の恋愛に発展することも大いにありえます。好きだった人が素敵な大人になって現れたり、学生時代のノリで異性であることをあまり意識しないため、やすらぎ感が好意に変わりやすいのだそうです。同窓会出席を契機に、挙動が怪しいと感じるようなら、限りなくグレーなところにきているのではないでしょうか。配偶者のいる人が不倫してしまった際、もしばれれば、必ずというわけではありませんが、慰謝料が発生すると思っていいでしょう。不倫行為の証拠があれば、逃げおおせることはできないでしょう。その場合、慰謝料の相場が分かれば気も楽ですが、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでと大きな違いがあるようです。支払いがつらければ、支払いの分割化や金額変更を交渉するのも良いでしょう。職場内で不倫が発覚しても、あくまでも個人的な事象ということで、セクハラのように解雇することは無理でしょう。ただし、採用時の契約書や就業規則の記載にある、社内の秩序や風紀をみだす畏れという部分をもってすれば懲戒も可能ですが、現実的には口頭注意ぐらいで、具体的な処分はないまま済んでしまうことのほうが多いでしょう。やられた方にとっては堪ったものではないですが、浮気はぶり返してしまう常習性のようなものがあるようです。不倫現場を見つけられて、一応反省はするものの、またしても我慢できなくて浮気する危険性もあります。あやしい素振りを見せたら、調査を探偵社に依頼して、不倫の証拠をおさえて、お灸をすえてやりましょう。自分でなく、職場の同僚のことなんですが、彼の妻が元カレと不倫していて、男の方を相手どって裁判を起こしたいと言っているのです。ただ、裁判となれば訴訟費用なしにはできないでしょうし、ならいっそ、あきらかな不倫の証拠を突きつけてやって、慰謝料を求めたうえで、今後の接触を禁じるのも一計ではないかと助言しておきました。浮気の慰謝料の請求は、いつでもできるというわけではありません。誰と不倫していたかがわかってから3年以内か、さもなければ実際に不倫があった時点から計算して20年以内だそうです。もし時効まで時間がないときには提訴すれば、この3年ないし20年という時間をいったんゼロに戻すことができるのです。期限まで間がないときは、自ら裁判を起こすことを検討してみるべきです。アラサーの会社員です。妻は子供ができるまでパートに出ています。つい最近、彼女の不倫がわかりました。こっちは怒り心頭なのに、バレたとき、妻は謝るかと思ったのですが、まったくなし。翌朝から今までほとんど喋りもしない生活になってしまいました。修復の見込みがあるのでしょうか。妻の浮気にもその後の態度にも、心を痛めています。このままなかったことにするつもりなら、こちらも何か行動を起こさなければと思っているところです。性別にかかわらず不倫している人は、鬱状態に陥りやすいようです。共通する点といえば、やはり精神的なストレスでしょう。どちらかが結婚していたり、あるいは両方が既婚で家庭があったりすると、喜びもある一方で不倫の徒労感や不信感などを持っている時間が長くなり、メンタルや体調に大きな影響を与えるのです。また、浮気されたパートナーのほうもウツになりやすいと言えるでしょう。浮気に走るきっかけというのは主に、配偶者との生活のマンネリ化が耐えられないという自己中心的な感情です。異性として恋愛対象になるという気持ちの高まりが不倫を美化してしまうところもあるようです。そういった事態を避けるには、二人で歩み寄って、おたがい何が不満なのかを話してみて、認識するのも大事です。探偵を使ってまで浮気調査する必要があるのかと思っている人は少なくないでしょう。ただ、浮気というのは意外とあるもので、女っ気のない職場環境だろうと放置していては、あとで泣くことになるかもしれません。常時いる女性と違い、営業などで時々訪れる相手なら、不倫がバレにくいからです。不審な点があれば、探偵事務所に浮気調査を依頼すれば、早くに不安感を解消できますし、精神的にも負担が少ないと思います。W不倫経験者に不倫を止めた理由について質問すると、実親や配偶者に妊娠を望まれたことが意外に多いです。いままで連れ添ってきた仲として申し訳ないという気持ちが生じたり、先のない不倫という関係に嫌悪感を感じたり、うっとうしく思ったりもするようです。それと例えば、転勤とか家族都合で会う時間がとりにくくなったりすると、やましい気持ちもあってか、別れようという気持ちになりやすいといわれています。色々見ていくと、浮気相手と別れた理由で最も多く、説得力があるのが、パートナーにバレたからというものです。普通の人が不倫の証拠をつかむなんていうのは難しく、気分的にも良いものではありません。探偵や興信所などノウハウのあるところに不審点の洗い出しや不倫の裏付けをとってもらうのが効果も高いうえ確実です。そのかわり、浮気の匂いを察知するあたりまでは、あくまでも自分自身でやらなければいけないのです。よく不毛だと言われる不倫ですが、結末も様々です。パートナーに浮気の事実をつきとめられ、離婚されたり、住宅ローンの精算や慰謝料などの問題に発展する場合も当然あるでしょう。また、元の鞘に収まったり、浮気を成就させて(?)結婚したりする場合もあります。いずれにせよ、不倫では失うもののほうが多く、幸せな結末なんてあるわけがないのです。主人に浮気されたくないので、私はいつも注意していることがあります。それは、相手を否定しないこととかですね。要望があっても妻のわがまま程度にとどめ、本気の言い合いになりそうなことは(思っていても)言いません。また、家の収支に問題があれば相手にアドバイスを請う形にしています。男性の自尊心を優先し、妻らしく容姿外見にも気をつけて、女性らしい立ち居振る舞いを忘れないでいると、心が離れることもなく、浮気もないと思うのです。私の母もこういうタイプでしたから、親譲りですね。本人たちにとっては遊びのつもりでも、現実に一線を越えてしまった浮気のつぐないは、高くて当然です。パートナーがどういう態度をとってくるかによっても変わるでしょう。しかし、別居や離婚ということになるばかりか、不倫の慰謝料を要求されることもあるでしょう。不貞行為が明るみに出れば、相応の代償を払って今後の生活を送ることになります。きっぱりと不倫関係を解消させるには、不倫の明らかな証拠を押さえ、慰謝料としてある程度の金額を請求するというのが最も効果的です。浮気している当人たちはゲームのつもりだったり、悪いことをしている感覚はあまりないというのが現実だったりします。慰謝料請求という現実を見せることで、彼らがやったことの反省を促すというわけです。はからずもご主人の浮気が露見した場合、ひとまず、今後の対処をはかるためにも、心を落ち着けることを優先しましょう。不倫を許して一緒にやっていくことが無理なら、離婚とか、そうなると慰謝料の請求なども勘案しなければいけません。夫婦で話し合う時間を確保し、お互いにどんな問題があり、これからどうすべきか話し合うと良いでしょう。許しがたい不倫行為を働いたパートナーへの復讐は、社会人としての信用や、公共の場での立ち位置をおびやかしてやるのが良いのではないでしょうか。だからこそ大事なのが、手堅い証拠なんです。証拠さえ入手すれば、心ゆくまで相手を追い込むこともできるし、目に物見せることができます。面倒なので私はしませんが、不倫相手の勤務先や家族、親族に浮気の事実を知らせる人もいます。家族関係の悪化や失職するなど、碌なことにならないですよ。それを分かってて不倫するほうが悪いんです。どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、それぞれの価値観や倫理で違いがあるようです。自分以外の異性に優しくしたとか、身体的な接触が少しでもあれば浮気したと言って怒る人もいます。不倫は民法でいう離婚事由であり、性交渉を持つと不貞ということになります。しかし、どちらにせよ、いかにも浮気ととられかねない行動は慎むにこしたことはありません。パートナーの浮気で裁判所に離婚の申し立てを行う際は、浮気の証拠が不可欠です。証拠に採用されるものとしては、体の関係があるのだと客観的に分かるメールに、二人でラブホテルを利用している写真や動画、指輪等に彫った文字、愛を誓う誓約書などです。スマホが普及したことで、メール以外にもラインやSNSを証拠採用するケースがあります。以前は携帯を目覚ましがわりにしていたのに、急にマナーモードにしだしたので、ついに浮気されちゃったのかと、ショックを受けました。私たち夫婦の身近な人間なのかなと、チェックしてみましたが、なんと、ロックしてあって、なんの情報も得られませんでした。泥沼は嫌なので、これは探偵しかないだろうなと思ったものの、妻のお金の出どころって旦那なんですよね。どうしたらよいのか、思案中です。よく不倫の末に結婚しても、不幸になると言われますが、もちろん、やっかみで言っているのではないです。どう言い繕ったところで自分の幸福のために、よその家族を滅茶苦茶にしてきたわけで、めでたく結婚できたとしても自分たちの事情が知られたらみんな去っていくと怯えて生活していくことになります。第一、不倫した相手と入籍するに至っても、また同じことが今度は自分にあるのではと考えると、ストレスは相当なものでしょう。未成年の子がいて離婚する場合、たとえ実の親子でも不倫なんかしていると親権が得にくいという話が蔓延しているようです。倫理的に言うとそうかもしれません。ただ、裁判所は違う考え方をします。親権というのは原則的に、生活を共にしているかどうかや子育てに対する積極性といった点がチェックされます。つまり、子供の生育に適した環境かが最優先で考えられているわけです。配偶者が不倫していたことが原因で当事者同士ではどうにも離婚の折り合いがつかず、ついに家庭裁判所のお世話になることは、けして珍しいことではありません。裁判所から任命された調停委員が加わったうえで第三者がいる場所で公平に意見を出し合う機会が設けられるため、当人同士や親戚内で話し合うよりも解決に向けて進展しやすいというメリットがあります。前の日はよく眠り、気楽に行くことです。不倫の調査を頼みたいけれど、離婚の準備をしているみたいで気が滅入る。意外とそんな人は多いです。でも、そう難しく感じることもないのではないでしょうか。離婚裁判にせよ、浮気をやめさせるにせよ、動かぬ証拠を握っておいたほうが、メリットはあるはずです。あえて知らないでいることも、結局は自由だとは思いますが、すっきりと解消したい気持ちがあれば、探偵に相談するのが最もストレスの少ない方法だと思います。異性として見られた嬉しさから応じてしまい、支えあうつもりが泥沼にはまっていく。そんなに浮気は魅力的なのでしょうか。夫婦関係に嫌気がさしたからといって、新しい人と再スタートなんていうのは、お気楽すぎると世間一般では思うでしょう。本来は夫婦の問題であるのだから、それで解決するわけはないでしょうし、責任のない子どもまで不倫の結果に巻き込むのはどうかと思います。我を通すあまり周囲が見えなくなっているのです。きっと後悔しますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です