コンゴテトラと山家

私は去年、単身赴任の引越しをさせていただきました。私の会社員生活において初の単身引越しでした。会社の規則で複数社から見積書を取り、最も安い業者を選択するのですが、赤帽が最安値となりました。当初は不安を感じていたものの、テキパキと引越し作業を進めてくれたので、次回の引越しでも赤帽に依頼したいと思いました。引越しにつきものなのが粗大ゴミの整理です。引っ越す時に捨てるのは大変なものですから、前もって大きな粗大ゴミは捨てていくことをすすめます。荷物をまとめ始めるのとほぼ同時に粗大ゴミを処分しておけば、後々、楽になります。処分する日時を前から、チェックしておくと無難です。何年か前、旦那の転勤を理由に引越しすることとなりました。パパも私も実家にすんでいて、引越すという経験がありません。未経験でも、なるたけ安価にしたいと自分たちで梱包することにしました。段ボールとガムテープは業者に借りられましたが、他に必要なものは、新聞紙でした。壊れ物を包むのと、緩衝材としてとても使えるものでした。引越の際にその場に立ち会って、確認するのは面倒だと思っても必ずやっておく方がいいでしょう。賃貸契約だった場合には、不動産屋の担当者や物件のオーナーさんが立ち会うことになります。敷金をいくら返すかに関わってきますから、可能なかぎりキレイにクリーニング作業をしておいてください。また、リフォームをしなければならない箇所を、両者で確認し合うことで、あとから問題が起こることを防ぐことにもつながります。我が家ではこないだ、三回目の引越しを実行しました。引越しの作業は毎度大変ですが、もう慣れっこです。荷造り、荷ほどき、ほとんど私の役割です。旦那は毎回家電、家具などの大きい荷物を掃除や片付けをしてくれます。ただ、この引越し時は洗濯機の水抜きをやっていなかったので、引越し先の洗面所がびしょびしょになりました。引越しは、自ら行う場合と業者に依頼する場合があります。自分だけだと、それほど荷物が多くないため、自分ですることができます。引越し業者に依頼した時に驚いたことは、積み込みに、必要な時間が短時間であるということでした。下準備だけでなく、二人で作業すると全く違っているなと思いました。「引越しソバ」という慣しとは新しい土地に越して来た時に近くの家の人にご挨拶として配って回るものです。私も一度だけですがもらったことが昔、あります。細く長いソバのようなご縁を今後ともよろしくお願い致します。という意味が込められているそうです。クロネコヤマトでの引っ越し風景もよく見ますが、料金はいくらくらいなのでしょう?最近は複数の引越し業者に見積もりをお願いして引越し業者を選ぶことが一般的です。クロネコヤマトもお値段的には大きな差はないかもしれません。しかし、オプションの面で得をしたり、作業員の教育が行き届いていると喜ばれています。先日、転居しました。引越し業者に依頼しましたが、けれどもやはり苦労しました。大変だったことを挙げると、ありとあらゆる手続きです。自治体が変われば、印鑑証明に求められる印鑑登録も行っておく必要がありました。ほとんど必要になることはないのですが、安心のため登録しておきました。引っ越したら、様々な手続きが必要となります。お役所での必要な事柄は、住民票に健康保険、それに印鑑登録などのものです。ワンちゃんがいるのなら、登録変更しなければなりません。そして、原動機付自転車の登録変更も市町村でしていただきます。全部いっぺんにやってしまいますと、何度も行く手間が省けるでしょう。私は引っ越しをしたのを機に、自宅にたくさんあった不用品を売りました。着なくなった服や家具など、たくさんありました。業者の方に自宅まで来てもらって、全てのものを査定してもらったのです。そうすると、思いがけない査定額が出ました。なんと私の不用品が、お金に変わったのです。すごく嬉しかったです。引越しの際に気をつけたい点はいくつかあるのですが、特に覚えておきたいのはゴミ回収の日を忘れないということではありませんでしょうか。引越しの前の掃除をする時には、この日に合わせてゴミをまとめておきましょう。資源ゴミや紙類等は収集日が、月二回しかない地域もあるので、一度出し忘れるとその後が面倒になります。引っ越し時の手続きは、面倒なことばっかりだなと認識していたら、水道開栓の手続きは、電話でもできるのだそうです。たいそうな話ではないかもしれませんが、何だか、とっても喜ばしいです。嬉しいついでに、電話すべき時期も確かめてみたら、3~4日前までにと書いてありました。早々に、電話してみます。引越しの準備で一番面倒なのは家中の物をダンボールに入れることだと言えます。普段の生活ではなかなか思うことはないですが、荷物を詰める作業をしているとこんなに家中に物があったんだと驚愕します。でも、引越し準備と併せて片付けをすることが出来る絶好の機会です。引越し業者はたくさんあるのでとても迷ってしまいました。周りの人や口コミなどを参考に見聞きしましても、その時の営業さんやバイト君の対応ひとつで、評価は良かったり悪かったりと色々で、最終的には、アリさんとパンダさんが雌雄を決することになりました。公団から新築住宅に引越したのですが、スムーズに、引越し作業をしてもらい、アリさんに感謝しております。引越しの挨拶まわりに行くのなら、転居した当日に行った方が喜ばれると思います。荷物を運び入れるときの騒音などで、迷惑をかけたお詫びも兼ねて、礼儀正しく挨拶をしておきましょう。引越し先の家へ荷物を運び入れる前に一言挨拶をしておくとうまくいくかもしれません。どっちにしても、できるだけ早いうちに挨拶に行った方が、近所付き合いが楽になります。引越しでのエアコンの外し方が本当にわかりませんでした。友人に協力を要請すると、自分でするなんて絶対に無理だと忠告されました。そういったことから、エアコン取り付け業者に頼んで、引越し先まで持っていけるように、取り外しの作業をお願いしたのです。とても簡単に行っており、とても脱帽しました。普通、引越しに追加料金を取られることはありません。ただ、これは、前もって、引っ越し業者が見積もりに来た場合や自己申告を行った時の荷物の量が正確な場合です。引っ越し業者は、トラックの容量や作業時間で引越し料金を出しています。もし、大幅に上回ってしまう場合には、追加で費用が発生するでしょう。私も引っ越しをした時に車の免許の住所変更をしました。置き換えしないと、更改の手続きが順調にできません。住民票を移転させるのと同じように早期に運転免許も変更しておいた方が後が楽です。忘却せずに、遂行しておきましょう。前日に引越しの予約をキャンセルすることになり、引越しを依頼した業者へ連絡したところ、引越し代金の10%のキャンセル料がかかりますとのことでした。以前別の引越し業者でキャンセルした時には、引越しをする前日でも引越し代金を丸々支払わなくてはいけなかったので、今回は負担が少なく済んで安心しました。引っ越しするというイベントそのものは別に嫌いではなくて楽しみな部分もあるんですが、国民健康保険などの住所変更などのわざわざ市役所まで行っていろんな決まった手続きを行う必要があるというのが、面倒だなあと思ってしまいます。こういう諸々の手続きも、インターネットでsくっと家で行うことができたらすごくいろんな意味で助かるのに、と思います。引越しをする時の簡単なコツとは、新居の間取りをあらかじめ考えて、荷造りを行うということです。段ボールなどに荷物を詰めていく時に、その荷物をどの部屋へ置くのかを決めて、ダンボールにメモしておくと新居に入ってから余分な労力を省くことができます。そして、手続きに必要なものは計画を立てて行うのが良いです。引っ越ししようと決めたのに伴い、エアコンが邪魔になってしまいました。普通の賃貸ですと、エアコンの設備が付いています。今住んでいるところは、昔の寮だったため、エアコンはそれぞれ自分で付けることになっていました。寮じゃなく、賃貸にしとけばよかったなと悔やんでいます。住み替えをする上で最も気にかかる事は、これらの費用だと思います。今頃は、一括見積もり等で成熟してきており、その中で、一番安い引越し会社をチョイスする事も一杯あるでしょう。しかし、費用が安いということだけに捉われていると、サービスの質が蔑ろになる事もあるので、十分な注意や見定めが必要です。お願いしましょう。見積もりが引っ越しの日のそれと、早めに、業者の選定をした方が引っ越しにかかる経費も圧縮できるでしょう。転居まであまり日付がないと、頼める業者も少なくなる場合も考えられるので、気をつけましょう。引越しする際の一括見積もりを今まで利用したことがありませんでした。問い合わせをたくさんする手間が省けて、大変楽でした。問い合わせ後、何社かの引越し業者から、伺って見積もりしたいと電話がかかってきました。重ならない時間調整が難しかった。引越しをすることに決めました。住所の変更などに伴い、どうも車庫証明を取り直さなければならないらしいです。実家暮らしだったときには、こういう面倒な手続きは全て父がやってくれていました。それなのに、父自身は大変だなとか、面倒だなとかたったの一度も口に出したことはないと思います。やっぱり父は偉大なんですね。単身赴任の引っ越しを行ったときに、業者さんへの感謝の気持ちの心付けをどのくらいの金額にしようかと家内と打ち合わせました。引っ越しといっても単身の引っ越しなので、作業に携わったスタッフは2人だけでしたし、作業そのものにも1時間ちょっとしかかかりませんでしたので、そうそうおおげさな礼はかえっておかしいかと思い2人にペットボトルのお茶を渡したくらいで心付けについては今回は渡しませんでした。マイホームに転居した際には、お隣さんに挨拶しに行きました。気持ちばかりのお菓子を購入し、のしを貼らぬまま渡しました。初めての事であったので、少し緊張を感じましたが、マイホームというものは今後ずっと住み続けるところなので、お隣さんたちとは、友好的に気持ちのよい生活していきたいと思って挨拶に参ったのです。願わくば、引越し当日は晴れていてほしいものです。もしも、雨が降ったら、大変なことだと思うのです。そのままだと、何もかもが雨に濡れてしまいます。テーブルや椅子、冷蔵庫もです。雨が降らなかったら、簡単に運べるのに、雨天の場合には、シートをかけないといけません。それは、随分と手間になるでしょうし、家具・家電が濡れてしまうのもイヤです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です