クレジットカードのブラックリストの情報について

もしも、クレジットカードの支払いが支払い日までにできないと、滞納記録として個人の信用情報にしばらくの間記載されます。ブラックリストは、クレジットカードやキャッシングの支払いを長期間遅らせたことがある人のリストです。何ヶ月も支払いを遅らせていたり、返済不能状態から債務整理に移行するなどしたことがある人は、ブラックリスト入りを避けることはできません。ブラックリストに情報がのってしまうと、現在持っているクレジットカードは利用停止になるのが普通です。ならばと、新しいクレジットカードをつくるために申し込みをすると、カード作成時の審査でブラックリスト入りが確認され、審査を通貨できません。信用情報会社が管理している情報に、ブラックリストとして名前が入れば、クレジットカードの審査はまず通らないでしょう。問題をこれ以上起こさずにいれば、ブラックリストに名前は消えますので、それからクレジットカードを持つようにすればいいでしょう。情報から残る期間は限度がもうけられています。例えば、CICという信用情報機関では、ブラックリストの情報を約5年にわたってのこします。仮に、ブラックリスト入りしても、以後何のトラブルも起こさずにいれば、リストから名前は消えてクレジットカードも可能になります。注意しておきたい点は、支払いが延滞して未払いがあれば、すべての支払いを済ませておく必要があります。どんなに頑張っても返済ができない時は、金融会社に相談をしたり、債務整理などの手続きをすることです。ブラックリストから名前が消えるのは取引完了から5年ですから、取引が終わらなければ名前も残り続けるわけです。